「ビットコインの分裂」で価格はどうなる?その影響

 

 

2017年8月、「ビットコインの分裂」が話題となりましたが、これは、これまで通りのルールでつないでいくチェーンと、新しいルールに基づいてつないでいくチェーンに分裂する「ハードフォーク」があったことを意味しています。

すなわち、今まで一つだったビットコインのブロックチェーンに、新しいルールに基づいてつないでいく「ビットコインキャッシュ」というブロックチェーンが誕生したのです。

ビットコインの取引が正常に行われたことを承認する作業を「マイニング」といい、マイニングを行う人を「マイナー」といいますが、2017年8月のビットコインの分裂を主導したのは大手マイナーの会社でした。分裂を主導したのは、ビットコインの1ブロックの記録容量を増やすためとしていました。
次いで、2017年10月には、「ビットコインゴールド」とのフォークもありました。

 

ビットコインの分裂


ビットコインの分裂や、フォークハードフォークなどの解説は「ビットコインの分裂とは(その仕組み)」を参照してください。ここでは少しだけビットコインの分裂について触れておきます。

ビットコインは、取引の内容がブロックに記録・保存され、チェーンでつないでいく仕組み(ブロックチェーン)となっていますが、「分裂」とは、ブロックチェーンのチェーンのつなぎ方が変わるということです。つなぎ方の新しいルールが加わった時などに分裂します。
例えば、これまで通りのルールでチェーンをつないでいく一方で、ハッキングを予防するために新しいルールのつなぎ方をしよう、となれば、これまで通りのルールでつないでいくチェーンと、新しいルールに基づいてつないでいくチェーンができ、そこで分かれます、そこからつなぎ方が変わっていきます。これが分裂です。

仮想通貨の世界では、このようなブロックチェーンの分岐のことを「フォーク」といいます。

そして、上記の例のように、これまで通りのルールでつないでいくチェーンと、新しいルールに基づいてつないでいくチェーンに分かれることを「ハードフォーク」といいます。仮想通貨の「分裂」と言えば、このハードフォークのことを指します。

 

「ビットコインの分裂」でどうなる?その影響


ハードフォークが行われる場合、理論的には、価値が分裂するのでビットコインの価格は下落すると見るのが一般的です。また、フォークによって送金や取引に遅れが出る可能性があることも価格下落の要因と言えます。ただ、ビットコインキャッシュとビットコインゴールドのフォークの場合、このどちらのフォークの場合もビットコインの価格は大きく上昇しました。

これは、ビットコインの反対派が出て行って、むしろ好感されたとする見方や、ビットコインキャッシュのハードフォークの場合は、ハードフォークが起こった時点で1BTCを保有していた人に無条件で1ビットコインキャッシュを無料配布する、としたことで、より多くのコインをもらうために、ビットコインを買う人が増えたためとされています。

ビットコインキャッシュのハードフォークは、ビットコイン誕生以来の大規模なハードフォークであったため、ビットコインキャッシュは当初の市場予想より高い価格がつきました。ただ、その後、高い価格がついた所でビットコインキャッシュを売却し、ビットコインに交換する人が多かったため、結果的にビットコインを保有する人の保有数量が増えたようです。

過去2度の大きなフォークで値上がりしたビットコインですが、理論的には価格の下落要因ですし、この傾向がまた当てはまるといったことではないので、例として見ておいた方がいいでしょう。

 

関連記事

 仮想通貨ってなに?

 

 ビットコイン

まずはこれをおさえておこう!

 

分裂

 

安全性を知っておこう

 

仕組みを学ぼう

 

法律