ペーパーウォレットとは(メリットとデメリット)

 

 

ペーパーウォレットとは


ペーパーウォレットとは、コールドウォレットの種類の一つで、ビットコインなど仮想通貨のアドレスと秘密鍵を紙に記入して管理する方法のことです。秘密鍵とは、銀行の暗証番号のようなもので、持ち主によって秘密に保持され、暗号化されたデータの検証に用いられる秘密の鍵です。ビットコインでは、取引の署名に使われるほか、送金も秘密鍵がなければできない仕組みとなっています。

ペーパーウォレットは、ビットコインなど仮想通貨のアドレスと秘密鍵を紙に記入、または印刷し、印刷をした後は、パソコンの秘密鍵のデータを消去する方法をとります。これにより、秘密鍵がハッカーからの攻撃を受けて外部に漏えいしないようにします。ペーパーウォレットは紙が一般的ですが、石や金属など、他のものに記入したものもペーパーウォレットと呼ぶ場合があります。

 

送金・引き出し


ペーパーウォレットは、基本的に、ペーパーウォレットを作成するサービスを提供しているWebサービスを利用します。そこで作成されたアドレスと秘密鍵を印刷し、そのアドレスに仮想通貨を送金することになります。一方、引き出す場合は、ウォレットのアプリを利用して、秘密鍵のQRコードを読み取って引き出します。ただ、セキュリティーの問題上、読み取り後はペーパーウォレットが使えなくなります。

 

ペーパーウォレットのメリットとデメリット


ペーパーウォレットは、コールドウォレットの種類の一つですが、コールドウォレットは、インターネットから完全に切り離して秘密鍵の漏えいを防ぐ必要があるため、紙や金属で作成されます。コールドウォレットを使う場合、ユーザーはコールドウォレット内の秘密鍵を保管するために、家の金庫や銀行の貸金庫でコールドウォレットを保管しています。

コールドウォレットは、インターネットと完全に切り離されたウォレットであるため、ハッカーからの攻撃を受けても仮想通貨が奪われる心配がありません。現在、これが取引所の最も安全な保管・管理方法だと考えられています。
一方、コールドウォレットは、物理的に秘密鍵を保管しておくものであるため、盗まれたり、紛失してしまうリスクがあります。コールドウォレットは、あくまで保管目的で用いられます。また、ペーパーウォレットの場合、紙が濡れてしまったり、焼失するリスクがあります。ペーパーウォレットは、長期保管目的で使用されるのが一般的です。

 

秘密鍵・漏えい


ビットコインなど仮想通貨は、インターネット上にデータだけの形で存在するお金です。ビットコインなど仮想通貨は、「取引所」と呼ばれる専門の事業者を通じて、円などと交換して入手することができ、取引所の口座で預かってもらいますが、取引所から秘密鍵が漏えいすることがあります。

秘密鍵が漏えいするということは、顧客の口座からお金を引き出す暗証番号が奪われたことを意味します。ゆえに、取引所はこれに対し、セキュリティー対策を行って厳重に管理しています。

秘密鍵は、ハッカーからの攻撃を受ける外部の犯行によって漏えいする場合と、取引所内部の犯行によって漏えいする場合が考えられますが、このうち、ハッカーからの攻撃を受ける外部の犯行によって漏えいすることを防止するために「コールドウォレット」を、取引所内部の犯行によって漏えいすることを防止するために「マルチング」というシステムを取り入れています。

 

関連記事

 仮想通貨ってなに?

 

 ビットコイン

まずはこれをおさえておこう!

 

分裂

 

安全性を知っておこう

 

仕組みを学ぼう